Blog 記事

ボジョレー・ヌーボー
クルクミン

2021.11.18

ボジョレー・ヌーボー解禁!飲み過ぎには御用心!!

毎年11月第3木曜0時に解禁されるボジョレー・ヌーボー(ボージョレ・ヌーヴォー)。ワイン好きな方にとっては毎年その出来栄えが楽しみなこの時期ですが、なぜこの日が解禁日になったのでしょうか?今回は、そんなボジョレー・ヌーボーとその解禁日についてのお話です。

そもそもボジョレー・ヌーボーとは?

ボジョレー・ヌーボーのボジョレーは、フランスのブルゴーニュ地方の一部の地域を指します。ヌーボーは、フランス語で「新しい」の意味で、フランスのボジョレー地方の新しいワイン、という意味になるようです。ちなみに、ボジョレーはボージョレ、ヌーボーはヌーヴォーと、カタカナ表記では検索すると記載が分かれます。これらの表記は、どちらが正解というわけではなく、日本語的な表記とするかフランスの発音に近づけた表記とするかの違いによるものだそうです。

なぜ解禁日は11月の第3週なの?

もともと、ボジョレー・ヌーボーの解禁日は11月15日に定められていました。フランス政府が解禁日を定めた理由は、1日でも早く解禁し出荷したいという販売者たちの「早出し競争」によって、ワイン全体の品質低下を防ぐためでもありました。しかし、日付を明確に定めてしまうと、解禁日が土日になった場合にワインの運送業者がお休みになり出荷できないため、1985年より、11月の第3週木曜日に固定することになりました。ちなみに、この解禁日はフランスの法律で制定されているため、解禁日前に販売した業者には罰則があるそうです。また、時差の都合から世界の主要都市の中で日本が1番早く解禁になるため、実は日本は世界一ボジョレー・ヌーボー解禁がイベントとして盛り上がるとされています。

お酒の飲み過ぎには十分ご注意を!!

そんなわけで、ボジョレー・ヌーボーは日本で非常に注目を集めています。赤ワインを堪能するのはもちろん素敵なことですが、どうか飲み過ぎには御用心!!過去に「飲んだ後にはウコンが良い」というお話でもご紹介しましたが、ウコンにはポリフェノールの一種である黄色の色素成分「クルクミン」という成分が含まれています。このクルクミンは、お付き合いによる翌日のダメージを軽減してくれることに加えて、すっきりしたシルエットを目指す方や、仕事のパフォーマンス低下などの”さまざまな冴え”がなくなってきた方をサポートしてくれる頼もしい成分!ぜひ、赤ワインを楽しみ過ぎてしまった方なども、この機会にチェックしてみてくださいね♪