Blog 記事

焼き芋
Dr.Flora Bio

2021.10.22

「石焼き芋〜」の歌が聞こえてくる季節ですね。サツマイモの魅力とは?

10月〜11月にかけて旬を迎えるサツマイモ、石焼き芋の歩き売りの声が聞こえてきそうですね。もちろん、スーパーなどでサツマイモが並びはじめているのを目にしている方も多いでしょう。さて、今回は、そのままでも、お料理に使ってもおいしいサツマイモについてご紹介します♪

さつまいもに含まれる栄養素について

サツマイモといえば、味付けなしでも十分に甘い味がするもの。当然かもしれませんが、甘い理由は多くの糖質が含まれているから。そして、ビューティ思考の方に頼もしいビタミンCやβカロテンもたくさん含まれています。さて、サツマイモといえば食物繊維が豊富というのを聞いたことはありませんか?スッキリした朝を迎えられるなど、こちらも美意識の高い方にとってはうれしい成分です。甘い食材であることから、美容に関心の高い方に敬遠されがちなサツマイモですが、意外な一面もあるようですね!

旬のサツマイモ、おいしいのはどれ?

さて、そんなサツマイモにも、実は地域によって品種が異なり、それぞれに特徴があります。関西で人気の”ほくほく系”の王道「金時」、関東での王道は「紅あずま」という品種があります。どちらも焼き芋はもちろん、天ぷらから煮物までオールマイティに味わえる人気の品種です。ほかにも、”ねっとり系”、 ”しっとり系”などの種別があり、文字通り、食感や甘さが異なります。”ねっとり系”は水分が多く、またとても甘く味が濃い「安納芋」を代表に、焼き芋の新しい主役のひとつとして注目を集めています。”しっとり系”は、前述した”ほくほく系”と”ねっとり系”の中間に位置する味わいで、「べにはるか」という品種が人気です。こちらは、先に述べたように甘みや食感がちょうど良いので、焼き芋以外に、スイートポテトなどにもオススメです。さて、10月〜11月が旬のサツマイモ、ぜひ秋の風物詩として味わってみてはいかがでしょうか。

カラダのスッキリ感を求める方へ

最後に、カラダの内側からキレイにする、という意味でアークワイズの「Dr.Flora Bio(ドクターフローラビオ)」をご紹介しておきます。ドクターフローラビオは朝を快調にしてくれるサプリで、乳酸菌をはじめ、乳果オリゴ糖、食物繊維、月見草エキス、リンゴセラミドなど、医師ならではの着眼点で選んだ成分を豊富に含んでいます。カラダに入れるものだからこそ慎重に選びたいサプリメント。そういった点で医師監修のものは、安心感が持てますよね。カラダのスッキリ感でお悩みの方はぜひ、こちらもご検討ください。