Blog 記事

プレミアム マルチビタミン&ミネラル

2022.08.19

お盆やお彼岸に!おいしいおはぎの作り方

まだお盆休みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。お盆のお供え物として「迎え団子」というものがあります。ただ、この季節のお供え物にはおはぎも有名です。お彼岸に食べるイメージが強いかもしれませんが、魔除け・五穀豊穣祈願として、おはぎは昔からご先祖さまへのお供え物として重宝されてきたそうです。そこで今回は、簡単におはぎをおいしく作れるレシピをご紹介したいと思います。

もち米を簡単に炊く方法

おはぎを作る際に大変なのが、「すりこぎ」でお米を潰す作業。しかし、もち米100%ならばこの作業は必要なく、炊くだけで「おこわ」を完成させることができます。もち米は普通のお米と同じように水ですすぎ、米を研いでぬかを落とします。3回ほどすすいだ後は、水をたっぷり入れて1時間ほど水に浸けます。その後、浸水させたもち米の水を切り、炊飯器でお米と同じように炊きます。水の量は「おこわ」として内釜に記載されていることが多いですが、記載がない場合、もち米は1倍(同量)の水で炊くことができます。

炊き上がったら俵型に

もち米が炊き上がったら、ボウルにあけて軽く粗熱を取りましょう。手に水をつけながら、おこわを1個につき約25〜30g、手で俵型に優しく握りましょう。続いて、市販の粒あん(お好みでこしあんでも可)1個につき約40〜50gでおこわを包みます。底の部分は見えないので、無理にあんこを行き渡らせる必要はありません。最後に、さらしを水で濡らし強く絞って、それでおはぎを包み形を整えていきます。さらしがお家にない場合は、水で濡らした手ぬぐいやラップ(水で濡らす必要はありません)で代用も可能です。これでおはぎの完成です。同じ要領で、ごま味やきなこ味で3色のおはぎを楽しむのも良いですよ!

シニアの両親と過ごすお盆やお彼岸

今回はおはぎの作り方をご紹介しました。お盆だけでなくお彼岸などには、シニアのご両親や祖父母と一緒におはぎ作りを楽しんでみてはいかがでしょうか?また、たまの帰省のプレゼントに、サプリメントのプレゼントなども検討してみてください。アークワイズのサプリメントは医師監修のもと、日本人のカラダに合わせて成分を配合しています。中でも人気商品のひとつ「Dr.Formula プレミアム マルチビタミン&ミネラル」は、11種類のビタミンや4種類のミネラルに加え、こだわりのサポート成分7種類をミックス。どうしても栄養が偏りがちな現代人にとって非常に頼もしい商品なので、ぜひ詳細ページをご覧になってください!

ターミュのつぶやき

お盆はキュウリとナスを飾るよね!キュウリは馬で早く来れるように、ナスは帰りに牛でゆっくり帰れるように、っていう意味があるみたいだよ!!お盆はご先祖さまが帰ってくる日だけど、ご先祖さまだけでなく、おじいちゃんやおばあちゃん、ご両親に会いに実家へ帰る人も多いんじゃないかな?お土産のチョイスとして、シニアの人たちの健康維持にサプリメントをプレゼントする、っていう文化ができるといいな♪