Blog 記事

マルチアミノ酸

2022.02.04

大豆に含まれる栄養素とは?

昨日は節分の日でしたね。みなさんは豆まきや恵方巻きなどは楽しみましたか?特に豆まきをされた方は「年齢の数の豆を食べる」という昔からの習慣で、大豆を召し上がった方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな大豆の栄養素についてご紹介します。

大豆に含まれる栄養素について

大豆はタンパク質をはじめ、ビタミンB1、ビタミンE、葉酸、カリウム、マグネシウム、カルシウム、リン、鉄、亜鉛、銅など、栄養素の種類が非常に豊富な食材です。特に、大豆は「畑のお肉」とも呼ばれるほどタンパク質が豊富!タンパク質は牛肉や豚肉などをイメージしがちですが、これらは脂質を多く含むので、同じ量のタンパク質を摂る場合には大豆を食べる方が、実は低カロリーです。

また、良質なタンパク質を評価する指標に「アミノ酸スコア」という数値があります。この指標では、数値が「100」に近いほどカラダにとって重要な必須アミノ酸がバランス良く含まれていることを表しますが、牛肉や豚肉などの肉類だけでなく、大豆もスコアが「100」とされていますので、大豆に含まれるタンパク質は良質なものといえます。しかも、飽和脂肪酸の多い動物性の肉類とは異なり、植物性の大豆には食品からの摂取が必要な不飽和脂肪酸であるリノール酸やα-リノレン酸が豊富に含まれていますので、健康な毎日のためにぜひ取り入れていただきたい食材の一つです。

タンパク質の重要性について

カラダの構成成分であるタンパク質は、アミノ酸から作られています。これが不足すると、当然ながら丈夫なカラダを維持できないだけでなく、スタミナ不足やぐったりしてしまう原因となります。健康維持には欠かせない栄養素なので、ぜひ積極的に摂取していきましょう♪

ただ、良質なタンパク質を含む大豆を定期的に食べることは現代人にはなかなか難しいでしょう。

アークワイズには、このタンパク質(アミノ酸)を補給することができるサプリメント「Dr.Formula マルチアミノ酸」があります。こちらのサプリメントは医師(ドクター)監修のもと、分岐鎖アミノ酸(BCAA)やアルギニン、グリシンなど、計14種類のアミノ酸をバランスよく配合したサプリメントになっています。外食が多いオフィスワーカーの皆様や、効率的に食事を摂りにくくなったシニアの方もぜひお試しください♪

ターミュのつぶやき

節分

ターミュも昨日は節分の豆まきをしたよ♪節分に食べる豆は「節分豆」って言って、普通の味から、甘いアラレみたいなものもあるんだって。普段、この豆を食べる機会はあまりないかもしれないけど、納豆やお豆腐、醤油まで、大豆はいろんな形に変化してるから、積極的に食べていこう♪